神奈川・静岡における測量機器の販売と修理、測量設計ソフトウェアの販売のことなら「トリンブルパートナーズ神奈川・静岡」

ニコン・トリンブル正規代理店 ニコン・トリンブル正規代理店

活用事例

CASE STUDY


Trimble トータルステーション搭載(efit)の観測ソフトのご紹介

地形応用機能紹介トータルステーション

横断観測プログラム編
特徴➀【データ管理機能】

・1断面を1データ(1パート)管理・・・・左右どちらか観測してもOK(河川の右岸・左岸等)
・1器械点から複数の断面を観測可能(間接設置の場合)
・現場にて確認図で確認可能
・アウトプットデータ(観測データ)は一断面データとして自動合成

横断観測プロブラム画面

  

例えば、下記のような現場を想定してみます。

赤いラインは右岸から、青いラインは左岸から観測します。

確認図表示:右岸から観測した確認図

確認図表示:左岸からも観測して断面が出来上がった確認図

横断観測データを測量CADソフトに取り込んで作成した横断観測手簿

【データ管理機能】におけるメリット

・任意の場所から複数断面観測できることで機械の移動回数も少なく効率的
・左右の断面を別々に観測していても一断面毎の手簿になるため手簿整理がしやすい
・現場で断面確認図表示が可能なので、断面のチェックができてミスを現場で防げる

 

※使用した画像はイメージです。